はたちにはなった

根暗なオタクのラプソディ

いつかサヴィルロウでオーダースーツを

いつかオーダーメイドのスーツを作りたいなとふわふわ決心したのが数年前です。正直そのこと忘れてましたけど。

はい、この映画を観るまでは!!!

f:id:gy00sophyllas:20170622170000j:image

キングスマン」!!!

2015年に公開されたものでざっくり言うとスパイものです。取り急ぎ感想を……と、まあ至上のエンタメを前に全面降伏…と言う具合です。はい。「007」シリーズを一切観たことがないので比較映画批評とかかっこいいことはできないんですけど、予備知識なくても楽しめる内容で最高にスカッとしました。

 

そしてなにより言いたいのは

コリンファース素敵すぎ………ってこと。

作中では亡くなってしまうんですけどね………(嘘だろ!!テレビに向かって叫びました)英国紳士って響きもいいですしなんだか気品高くてうっとりしてしまいます。私もいつかサヴィルロウでオーダーメイドのスーツ作りたいな。

 

続編も決まりましたしもうワックワクです。

なんだかんだ

ミリという名前が素敵だなと思います。

 

こどもが産まれたら「むぎ」か「なぎ」とつけたいのです。どちらの性でもわりに違和感がない感じ。

 

ん〜「ミリ」はどうなんだろうな〜と考えてみたり。そもそも「ミリ」って手塚治虫の作品の中に出てきてたな〜とか思ったり。いやいや結婚欲のない人間がこどものことを考えるのってどうなんだろ〜とか。

 

考えても仕方ないことって多分たくさんあるんだろうな。でも、どうでもいいこと考える時間も大切だと思う。

 

まあいいや。とりあえず「ミリ」が出てくる手塚作品読もう。BGMに藤井隆の「ナンダカンダ」でも流して。ふう。

 

 

やっぱ紙だね〜

紙っていいなって思います。

電子書籍が云々とか書くつもりは全くなくて、紙をめくる感覚がとても好きだってだけの話。ただそれだけ。

 

昨日、自宅に大きなダンボールいっぱいのお値段以上な宝物が届きました。まあなんてことなくてセブチのCDなんですけどね。私より後に届く友人と一緒に開封すると約束していたのでフォトブックは昨日開かず、やっと今日開きました。ケーポペンを始めて驚いたのはCD付録フォトブックの充実度。付録というかほぼそれが主役な本気度。(そんでもって割と手頃な価格設定)(たくさん買わせることに主眼を置いてるんだろうな、その貪欲さまじすげえよ)そして今回のSEVENTEENさんもそれに準じてかなり充実の内容になってます。

 

『一冊あたり96ページ…………ってホンマかいな。それほぼ写真集やで。』

 

と、自分の中の関西人の人格が覚醒し知らぬ間に全く面白くないツッコミを入れてました。マジチョーつまんな。あーもうだからごめんて。

 

はい、話を戻しましょう。見た目は本のようで美しいブックカバーまで付いています。もちろんこれは外すことができて、こりゃまさに本です。3つあるので感想を交えて内容をさらっていきます。

 

◯「Alone」

f:id:gy00sophyllas:20170531075956j:image

こちらはブーちゃんのおててと散りばめられたメンバーのリングの写真がジャケットで個人カット構成です。エスクプス大佐を皮切りにヒポチ、パフォチ、最後にボカチ、ソクミン先生で華麗にゴーーーール!!!の流れです。推しのウォヌさんの殺傷能力の高さに滅多刺しにされました。

 

はい、次!!サクサクいくよ!

 

◯「All」

f:id:gy00sophyllas:20170531080055j:image

こちらは背を向け夕焼けに黄昏る12人プラスなんか意味ありげにこっちを見てるスンチョルさんの写真がジャケットで13人全員が写った写真と個人写真が入っています。素直にこの子達仲良いんだなって心の底から思える平和で心温まるフォトブックです。ハートウォーマーアイドル、セブンティーン。なんかベイマックスみたいだな。まあいいや、とにかく幸せが詰まりに詰まっちょります。流行りの言葉で言うと多幸感ってやつですかね。個人的にはあんまり使わない方いいと思うんだよね、これ、本来の意味合い的に。そこは幸福感にしときーやって。はい、以上。

 

そこ、ダラダラしない!次!!!

 

◯「AⅠ1」

f:id:gy00sophyllas:20170531080121j:image

これは海をバックにこちらへ向かって歩いてくるメンバーの写真がジャケットで、チーム別カット構成です。ボカチ、パフォチ、ヒポチの順で進んでいきます。あーもう最後に持ってきてるあたり察しがつくと思いますけど先に言っちゃいますね。

コレ、ガ、イチバン、スキ……

それぞれのチームごとの色がうまい具合に出ていてこりゃすごいと唸ってしまう出来栄えです。と、ここで冒頭の「いいないいな〜〜紙っていいな〜」(日本昔ばなしみたいに脚色すんな)の話に戻ります。読書をしていると文脈を指で繰る感覚の心地よさを感じます。自分は読書家でも文学少女(この語感の小っ恥ずかしさったらないわ)でもなくたまにしか読まないので、余計そう強く感じるんでしょうけどねッ!このフォトブックにはそれに類似した感覚がありました。ページをめくるときのスッとした音に耳を澄ませながらゆっくりと紙をめくり、彼らの世界を覗き、手の届くはずのないそれに手を伸ばす感覚が至高です。こりゃもう堪らんな、ってやつです。ほんとキミには敵わないよ、お手上げさ。なんかクリープハイプの歌にこんなんあったな。ないか。ないな。

はいはいはーい、話を戻します。このフォトブックは静寂に包まれた空間で1人で眺めたいです。 音楽とか要らないからページをめくる音にちゃんと耳を傾けて。ほんと心が豊かになる内容です。こういうの目にするとああ彼らのオタクでよかったと思います。 

 

ネット全盛時代の現代、実はフォトブックの内容ってのは奇特なネット民がスキャンしてネットに載せてくれるんです。なんと!驚き!!!でも、それは"画像"に過ぎないんですよ。フォトブックはただの"画像集"ではなくそこに出演しているものたちが紡ぎ出す1つの"物語"なんです。ほとんど小説と一緒ですね。いろんな趣のものがあると思いますけど、ケーポに限らずフォトブックって大抵のものがそれに該当すると思います。断片的に「見る」のではなく、紙に触れ、音に触れながらフォトブックを「読む」ことに意義を感じてしまうお年頃です。この特別な幸福感を胸にしまって忘れないでいたいものです。

直接物に触れ、近づくことすらできないはずの世界を覗き見、この上ない背徳感と幸福感を一緒に感じた1日でした。いい日だった。

風邪には薬を?いいえ、アイドルを。

少しずつガタが来ていた体がついに臨界点を超えたようです。バイトばかりしすぎていたなと猛省しています。今年度に入って、より一層思慮深さに欠ける行動が多く、自分に「お前さあ」と呆れることもしばしばです。まあいいや切り替えてやっていきます。

 

話は変わりまして、今、アストロのカムバをものすごく楽しみにしてます。ティーザーだけでわかる。これは、良曲の予感。ワクワクです。

https://youtu.be/f33lUomhQ9g

f:id:gy00sophyllas:20170527140119p:image

え……なんて美しいシルエット…この時点でワクワク感がすごい。

f:id:gy00sophyllas:20170527140134p:image

嘘……ポップコーンめっちゃ飛び散ってる…無邪気かわいい…かわいい…ごめんかわいいしか言えなくて。

f:id:gy00sophyllas:20170527140137p:image

や……うわ…構図が最高ポップすぎるよかわいい…表情が可愛い、足の出し方かわいい、短パンかわいい…だからごめんてかわいいしか言えなくて

f:id:gy00sophyllas:20170527140217p:image

こんなに空間も格好もかわいいのに脚が長すぎる。ユンサナさんはずるい。00ラインはわたしにとっては希望です。可能性しか感じない。

f:id:gy00sophyllas:20170527140222p:image

跳躍力…無邪気か…アイドルか…「たのしい!」を届けてくれるアストロはやっぱり偉大だな…

f:id:gy00sophyllas:20170527140408p:image

以前、ラキくんが身軽に動き回る姿を見てものすごい感動しました。少年ジャンプの主人公みがすごい。めっちゃ海賊王になりそうだし「俺にトス、持ってこォい!」って言いそう。

f:id:gy00sophyllas:20170527140540p:image

よ!ビジュアル番長!チャウヌさん、本当王子様みがすごいなと感心します。本物もすごかった。笑顔が高貴…めちゃノーブル。年末の宇宙少女のソンソ様との共演、ババアはいたく感動しましたよ。

 

 

アストロさん、やはり総じてすごくアイドル。

爽やかでかわいくて、パフォーマンスもしっかりしてて、今のところ彼ら以上に良い意味で定型にハマったアイドルはいないと思う。

これは私見ですが、ケーポップ、青少年の心の闇とか描きがちだな、と思うのです。そんな中、アストロにはそれを微塵も感じない。混沌とした日々の中の迷いとかそういうのを見せてくれるグループも大好きですが、ずっと見てると疲れてしまうので、単純に「かっこいい!かわいい!たのしい!」を届けてくれるアイドルアストロさんは素晴らしいです。もっとぼちぼち色々知っていこうと思います。

 

 

 

3年目も駆け抜けて

5月26日です。

どうやら本日からちょうど2年前にSEVENTEENがデビューをしたそうです。

「どうやら」や「したそう」という言葉を使うのは私自身ど新参者のためになんとなく言い切りを使うのは憚られるためです。

セブチはまさに爽やかな「青春」の代名詞。

 

◯「Adore U」では少年たちと少女との出会いを。

 あ"ーーーーもう何も言いません。言葉はいらない。とにかく一番好きなシーンはミーニーの     ボクシングです。以上。

https://youtu.be/9rUFQJrCT7M

 

◯「MANSAE」は少年たちの恋心の芽生えを。

マンセMVを観たときのあの幸福感といったら。もう。。。「ん〜〜なんて最高なんだ〜〜」とニヤニヤし倒した覚えがあります。何度見ても同じようにニヤニヤしちゃいます。一人一人に合わせディティールにこだわった(ブーちゃんのリボンが好きです)制服も大っ好きです。一番好きなのはエスクプスがバスケゴールにシュートを決めてめちゃくちゃはしゃぎ倒すシーンです。「もう!!!!!」と感情の高ぶりを抑えられなくなるのも束の間、ミンギュ→ジョンハン→クプスのビジュアルリレー。あのシーンを観ている時、私いつも息してないと思います。あの流れが本当に好きです。あ、ウォヌくんが照れながら女の子に牛乳とパン渡すシーン、あのシーンも息してないと思います。(https://youtu.be/9M7k9ZV67c0

 

◯「Pretty U」ではこの世界の美しい言葉を掻き集めて君に捧げるよ(オタクの妄想増し増し)、と告白を。

推しのウォヌくんが頭から活躍するイェップダはセブチの表題曲の中では一番好きな作品です。歌詞から伝わる程よい緊張感と若さがもたらす恋のきらめき、そして何よりソファを使ったミュージカルのようにポップでこちらの表情を「わあっ」と明るく照らすあのパフォーマンス。もう初めて見たときのときめきは忘れられません。(https://youtu.be/J5juKw-mnGw

 

◯「VERY NICE」ではそんな愛おしくて仕方のない女の子との初デートを!!(告白成功おめでとうマンセーー……!!!)

冒頭ソクミンさんのスーパーヒーローばりの登場と「目覚ましなしでも起きちゃった!」の歌詞に胸キュンし、続くホシくんの軽やかでポップなのにセクシーなダンスに失神し(中略)ジスのバッキューンでとどめを刺される流れが大好きです。学ばないオタクなのでいつもその流れを1人でやって悶え苦しみます。ジフン先輩のソロパートとハニちゃんの「ふぉえば」も大好きです。あと、part switchがない分、アジュナは屋上で撮った映像が流れています。それがまた最高なんですね。あの映像のMVPはミンギュだと思います。みんなの万能大型犬(ちょっと抜けてるところはご愛嬌)キムミンギュ……もうちょーかわいい……私もミンギュのヌナになりたかったよ…(https://youtu.be/KvA9T3MputA

 

と、まあ、爽やかな青春の概念に存分に依拠している表題曲を時系列で並べてみました。はあ、すごい。ブンブンも泣きたくないも好きなんですけど、「セブチの初恋物語」に組み込むとちょっとややこしくなるかなと思ってわざと書いてません。「泣きたくない」のウォヌくんの活き活きとしたラップに表情がほころんでしまってます。推しの幸せは私の幸せです。this is ダブルハピネス……… アリストテレスの教え、守ってます。

 

昨年の9月にセブチハマって以来、日々がとても楽しいです。従来の型式からは外れたとしてもこれからもセブチなりの爽やかな「青春」への道を駆け抜けていってください。

私は7月のたまアリを最大の楽しみに取っておいて優先順位を立て生活を営んでいきたいなと思います。難しいけど、、ふう、頑張ろう!

 

つらつらと

日々のあれこれを綴ってみようというやつです。

昨年9月にドツボにハマった隣国アイドルやらなんやら。とにかくなんやかんやです。

三日坊主な自分にはどこまで続くかわかりませんけど、心の整理がてらにふらふらと駄文をこじらせに来ます。